ハーレーダビッドソン ウルトラクラシック・エレクトラグライド(FLHTCU) 2008

スポンサードリンク
ハーレーのキング・オブ・キングス、全ライダー憧れの的とも言える、ハーレーダビッドソンのフラッグシップモデルが、このウルトラクラシック・エレクトラグライド(FLHTCU)。

2008年モデルでも、これまでの豪華な装備の数々はもちろん踏襲され、ハーレーのフェアリングと言えば、この形を明確に思い浮かべることができるほど個性的で大きなフェアリング内には、各種のメーター類、スイッチ類は当然のことながら、MP3対応のCDプレーヤー付きオーディオ・システムを内臓しています。

他にも、巡航速度を自動的にコントロールするクルーズ・コントロールやフル装備のラゲッジ類、タンデム用のホールド性の良いバックレスト、ライダーとの会話が可能なインカム、足元の風防となるロワー・フェアリングと、ロング・ツーリングを楽しむための快適装備が満載されているのも相変わらず。

カラーリングはモノトーンが、ビビッドブラック、ブラックパール、ダークブルーパール、パシフィックブルーパール、ホワイトゴールドパール、キャンディレッドサングロの6色。ツートーンが、スウェードブルーパール&ビビッドブラック、オリーブパール&ビビッドブラック、パシフィックブルーパール&ビビッドブラック、ホワイトゴールドパール&ブラックパール、クリムゾンレッドサングロ&キャンディレッドサングロの5色に、105週年記念のツートーンである、カッパーパール&ビビッドブラックを加えた6色を設定。

カッパーパール&ビビッドブラックでは、エアクリーナー・カバーやクランクケースのパーツの一部が、同色のカッパーパールで塗装され、特別感が強調されているのが特徴です。

価格はモノトーンが307万、ツートーンが310.1万、そして105周年記念カラーが314.6万となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。