ハーレーダビッドソン エレクトラグライド・クラシック(FLHTC) 2008

スポンサードリンク
キング・オブ・キングスであるウルトラクラシック・エレクトラグライド(FLHTCU)から見れば、装備差を付け、価格を下げたのがこのエレクトラグライド・クラシック(FLHTC)。

ウルトラクラシック・エレクトラグライドとの外観上での装備の大きな相違点は、ロワー・フェアリングとリアスピーカーがないことぐらいですが、ロング・ツーリングを楽しむ装備としては十分と言える点は以前から変わっていません。

なにより、そのハーレーらしいスタイルが変わらないことも歓迎すべき点ですし、加えて2008年モデルから、電子制御スロットルとABSブレーキが装備されたことが特筆すべき点と言えるでしょう。

カラーリングはモノトーンが、ビビッドブラック、パシフィックブルーパール、ピューターパール、クリムゾンレッドサングロの4色。ツートーンが、オリーブパール&ビビッドブラック、パシフィックブルーパール&ビビッドブラック、ホワイトゴールドパール&ピューターパールの3色を設定。

残念ながらと言うべきか、105週年記念のツートーンであるカッパーパール&ビビッドブラックは設定されていませんが、変わらぬハーレーを求めるエレクトラグライド・クラシックのファンからは、「不要」という声も聞こえてきそうです。

価格はモノトーンが256.7万、ツートーンが259.8万となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。