ハーレーダビッドソン ヘリテイジ・ソフテイル・クラシック(FLSTC) 2008

スポンサードリンク
ロードキングやロードキング・クラシックと同様の大型ウィンドシールド、リベットを配したレザーサドルバッグ、シーシーバーと、レトロな外見でしかも実用性の高い充実した装備が自慢のヘリテイジ・ソフテイル・クラシック(FLSTC)。

オプションパーツとして後で買い揃えるよりずっとお買い得感の高い豪華装備が満載されているのに加え、シートサイドにもサドルバッグと同様に独自のリベットが配されていて、さらに高い特別感を持っているのが魅力です。

また、ソフテイルファミリーの中ではソフテイル・デラックスとならんで、ヘッドライト両サイドにフォグランプを装備しているのが特徴で、これもロングツーリングを楽しむためのひとつの装備として有用性の高いもの。

そして、これだけ凝ったつくりになっていると、普通は乗るのに意気込みが要りそうですが、ふらっとツーリングに出かけたくなってしまう雰囲気を持っているのも、この一台ならではと言うことができるでしょう。

カラーリングは、モノトーンが、ビビッドブラック、ダークブルーパール、ホワイトゴールドパール、クリムゾンレッドサングロの4色。ツートーンが、スウェードブルーパール&ビビッドブラック、パシフィックブルーパール&ビビッドブラック、ホワイトゴールドパール&ピューターパール、クリムゾンレッドサングロ&キャンディレッドサングロ、そして、105周年記念カラーであるカッパーパール&ビビッドブラックの5色を設定。

価格はモノトーンが243.4万、ツートーンが246.5万、そして105周年記念カラーが253.5万となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。