ハーレーダビッドソン ナイトロッド(VRSCD)

スポンサードリンク
全身黒ずくめのナイトロッド・スペシャル(VRSCDX)のスタンダード版として、ブラック&クロームのコントラストが美しいナイトロッド(VRSCD)。

このモデルの特徴は、VRSCファミリーの中で唯一ハイウェイ・ペグを標準装備しているところ。他のモデルは、フォワード・コントロールもしくはミッド・コントロールのみの設定となっているのに対し、ミッド・コントロール&ハイウェイ・ペグの装備になっていることで、ハイウェイでの高速巡航にゆとりを持たせています。

そして、ナイトロッド・スペシャルと同じビキニ・カウル。スタイリッシュなデザインで、かつ実用性の高いアクセントになっているのが魅力ですよね。

また”HARLEY-DAVIDSON”のタンク・エンブレムが比較的大きめで、シルバー一色になっているのも、冒頭で紹介したブラック&クロームの美しいコントラストをさらに引き立てるポイントとなっています。

ボディーカラーはモノトーンで、ビビッドブラック、パシフィックブルーパール、イエローパールの3色のみの設定ですが、どのカラーをチョイスしたとしても、ブラック&クロームのコントラストが映える色調になっていますから、適正な設定と言えるでしょう。

価格は、178万となっています。

ハーレーダビッドソン ストリートロッド(VRSCR)

スポンサードリンク
VRSCファミリーの中で最も”走り”を意識したつくりになっているのが、このストリートロッド(VRSCR)。

ストロークの長いリア・サスペンションによって後部が持ち上げられたスタイル、高剛性の倒立フロント・フォーク、そしてステップ位置がミッド・コントロールになっていることで、他のハーレーダビッドソンとは異なる雰囲気を味わえるのが特徴です。

そしてホイールもVRSCファミリーの他のモデルとは違い、ブラックに塗装された10本キャスト・ホイールとなっていて、スポーティなイメージを増幅。

またカラーリングはモノトーンのみの設定ですが、実際にはタンクの塗装がどのカラーもブラックとのツートンになり、その塗り分けのラインとしてシルバーのピンストライプが入っているのも、ストリートロッドならではのおしゃれなポイントです。

カラーリングの設定は、ビビッドブラック、ディープコバルトパール、パシフィックブルーデニム、ピューターデニム、ミラージュオレンジパールの5色で、価格は199.5万となっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。